Menu

レビトラのジェネリック品は製造会社が異なる?

バリフ製造会社
レビトラは、ドイツのノルトラインに本社を構えるバイエル社で製造されています。
1888年に医療部門が創設され、現在は製薬会社として活動の幅を広げています。
バイエル社は、鎮痛剤のアスピリンを製造・販売して世界的に有名な会社になりました。

勃起不全の薬としては、レビトラが代表です。
世界で2番目にED治療薬として誕生したレビトラは、バイアグラにはない即効性と作用時間を特徴としています。
性行為の30分前に飲むのが基本ですが、人によっては15分で効果を感じた方も。

そんな大企業として活躍しているバイエル社は、日本にも100%出資した子会社が存在します。
東京と大阪にバイエルホールディングス(株)があり、日本メドラッド(株)という医療機器メーカーもバイエル社の系列カンパニーです。
2017年には日本で医薬品市場8位を記録していて、成長著しい製薬会社です。

レビトラにはジェネリック医薬品があります。
新薬として誕生しているレビトラの成分を元に作られているので、効果はまったく一緒。
ただし、医薬品メーカーと製造方法・コーティングに使用する添加物は異なります。
効果自体に影響はなく、製造期間・コストは新薬よりかなり抑えられるため、かくやすで購入できます。

レビトラジェネリックの代表はバリフです。
バリフは、インドにあるアジャンタ・ファーマ社で製造されています。
インドはジェネリック製造大国でもあり、国独自に手法で品質は高く価格が安いといった魅力を持っています。
バリフはレビトラの会社に訴えを起こされたため、現在では生産中止に。
在庫がある分は販売されているので、低価格でレビトラの効果を得たい方は通販サイトから購入してみてください。