Menu

レビトラVSジェネリック、ED治療のコスパを徹底比較!

レビトラとジェネリック品の比較
レビトラは、飲んですぐ効果を発揮する即効性を持っています。
血行を促進する役割があるので、勃起できるコンディションを素早く整えるのです。
レビトラは病院で処方してもらえますが、保険が適用されないためすべて実費対応です。
1錠1,900円で提供しているため、薬代としては高いと感じる方も。
通院にかかる費用は、交通費や診察料もかかってしまうため、経済的に負担を感じる場合もあります。

そこでオススメなのが、ジェネリック品を使用することです。
ED治療薬を少しでも節約したい男性に、レビトラとジェネリック品のコスパ比較をご紹介します。

◇レビトラ1セット(4錠×20mg)5,400円
製造会社:バイエル社
◇レビスマ1セット(4錠×20mg)1,800円
製造会社:レクメズ社
◇サビトラ1セット(10錠×20mg)2,240円
製造会社:サバメディカ社
◇バリフ1セット(10錠×20mg)1,900円
製造会社:アジャンタ・ファーマ社

レビトラのジェネリック品は、日本では販売されていないため通販オンリーの購入できます。
価格帯だけで比較すると、バリフが1錠あたり190円という低コスパを実現。
レビトラを1カ月20錠使用すると27,000円。
バリフの場合、3,800円と価格の差は一目瞭然です。

【ジェネリック品が安い理由】
先発薬として作られたレビトラは、成分の開発から長年の努力と莫大な費用をかけ誕生しました。
ジェネリック品は、出来あがっている成分を元に製造できるので、開発コスト・期間は大幅にダウン。
販売価格に違いがあるのも、開発費用や期間が大きく変わるからです。
レビトラと同じ効果を格安で使用したい方は、ジェネリック品を試してみてください。