Menu

EDの原因と治療薬で改善できる理由

EDのタイプ3つ
EDの3大原因
【1】心因性
心理的・精神的な原因から起こるEDです。
会社や恋人関係でのストレスが大きく関係していて、うつ病の精神疾患もEDを引き起こしやすいです。
ストレスが軽減できれがEDを改善できるかもしれません。

【2】器質性
糖尿病・高血圧などの生活習慣によって起こるED。
血管や神経が障害を受けて、陰茎を通る動脈硬化が進むと勃起不全を起こしやすいです。
生活習慣病も深く関連しているため、私生活を見直すことが最優先です。

【薬剤性】
服薬している薬剤によってEDになる可能性がある。
よく知られているのが、中枢神経や末梢神経に作用する薬剤です。
副作用の1部として勃起不全が現れることがあるので、医師と相談してみてください。

EDのタイプが分かれば改善していく方法が見えてきますが、すぐに治るわけではありません。
勃たないというのは、男性にとってのシンボルを失うのと一緒です。
パートナーがいる方は、性生活がうまくいくようにED治療薬で改善していきましょう。
ED治療薬は服用するだけで、勃起ができない原因に効いていき、男性器が正常に働けるようにサポートします。

勃起不全は、PDE5と呼ばれる射精後に男性器を鎮めていく酵素が働きすぎてしまいます。
PDE5の邪魔を阻止するために、ED治療薬で改善するのがベストです。
阻害することでcGMP濃度を上昇させて、陰茎に血流を増やしていきます。
男性器に十分血液が溜まると、勃起の信号が送られ膨張=勃起する。

ED治療薬は血行促進作用なので、性欲促進剤とはちがい性的刺激・興奮を与えない限りは勃起しません。
作用が続く間は「ずっと勃起しているのか」という質問をよくいただきますが、いつでも勃てる状態を作るだけです。