Menu

副作用は危険なの?気になる症状と対策

レビトラの副作用
レビトラは副作用が起こりやすいと言われています。
これは、成分であるバルデナフィルの即効性が関係しているようです。
血行促進作用を目的としているため、血管を拡張し血液が流れる。
血管は陰茎だけでなく、全身を拡張するので脳に刺激がいき頭痛を感じることも。
個人差はあり感じない方もいますが、痛みがツライと感じた時は市販のロキソニンを併用しても構いません。

【主な副作用】
頭痛・顔のほてり・目の充血・動悸・鼻づまりなど。

症状が現れるのは、効きはじめた証拠でもあるのであまり気にしすぎないでください。

【まれに起こる副作用】
持続勃起・陰茎組織損傷・視覚異常・起立性低血圧・失神など
プリアピズムとも呼ばれる持続勃起症は、射精した後も勃ち続けている場合です。
4時間以上痛みを伴う勃起が続いた時は、すぐに病院へ受診してください。
ごくまれな症状で報告されたケースは少ないので、万が一に備えて把握しておきましょう。

【対策】
症状が気になる方は下記の内容を試してみてください。
・1錠を半分にして飲む
→外国人を基準に作っているレビトラの用量は、日本人には多すぎる可能性があります。
はじめての方でも、服薬の時は半錠の10mgからはじめてみましょう。
合っている用量を見つけるのも、レビトラの効果をうまく引き出す大事なポイントです。

・コップ半分以上の水で服用
胃腸管に接触する薬が全体的に広がりやすくなります。
吸収の促進と副作用を和らげながら作用していきます。

・軽めの食事をする
体内で食事の消化活動がはじまると、同時に服用すれば薬の吸収が抑えられるため副作用を軽減できます。

レビトラが身体に合わない場合もあります。
その時は、ムリをせず自信の身体にあったED治療薬を探しましょう。