キャットフードの基本となる選び方と種類

あなたの猫は何歳ですか?

キャットフードには猫の年齢に合わせたフードがあり、おおまかに、子猫用(キトン)、成猫用(アダルト)、老猫用(シニア)と分けられます。子猫の時に成猫用を与え続けると栄養が足りず病気がちになったり、逆に成猫に子猫用を与え続けるとカロリーが高いものが多く太りやすくなってしまうというわけです。

キャットフードメーカによっても変わりますが、だいたい子猫用(生後12か月まで)、成猫用(12ヶ月から6歳まで)、老猫用(7歳以降)ときちんとフード袋に記載されていますので猫ちゃんの健やかな成長のために選んであげて下さい。

歯が生えそろっていない生後1ヶ月ほどの子猫ちゃんはまだカリカリのフードは食べれないので、子猫用離乳食や子猫用のカリカリフードをふやかしてあげて下さい。その際に猫用の粉ミルクを混ぜて与えると、栄養価も高くなり食いつきも良くなります。

体質、目的に合わせて選ぶ

体重管理、尿路疾患、毛玉ケア、食いつきなど、これも各メーカーさんが目的に合わせていろいろと出してます。「体重管理」ライトと表記されているものも多いですが、その名の通り、与える量を調整して体重原料を目指したり現在の体重を維持する目的のフードです。猫の為のダイエットフードですね。

「尿路疾患」猫ちゃんに多い病気、尿路結石を予防するためのフードです。尿のPH値を抑えて結石を作りにくくします。ちなみに水をあまり飲まない猫ちゃんはその分尿が濃くなり結石ができやすいです。冬になるとあまり水を飲まなくなる猫ちゃんも多いですから、気になる猫はこのフードとたくさん水を飲ませる工夫もした方がいいですね。

「毛玉ケア」、猫は自分の体を舐めて汚れを落とします。グルーミングといいますが、その際に自分の毛も一緒に舐めっとってしまい、胃の中で毛が溜まることがあります。通常はうんちと一緒に排泄されたり、胃が刺激され口から吐き戻しますが、上手く排出できずに毛が溜まり毛球症という病気を引き起こします。

「毛玉ケア」のフードはこの排出をスムーズに促し手助けをしてくれます。毛が長い猫は特に絡まりやすいのでおすすめです。「食いつき」、猫はけっこうグルメです。最初はがつがつ食べていたのに急に食べなくなったりと味に飽きてしまう子も多いです。

その子の好みの問題でもありますが、猫はもともと肉食なので生肉をふんだんに使用していたり、触感を工夫されていたり、いいフレーバーを使用したりと嗜好性をより良くし、「食いつき」を追求したフードもたくさんあります。

食いつきがよくないな…と思ったらこういったものをお試しください。食べ飽きないためにいくつかのフードをローテーションして与えるのもいいですよ。ネット上でよくあるキャットフードランキングなどを参考にしても良いのではと思います。

缶詰とカリカリフードどっちがいい?

私ならできるだけカリカリタイプをお勧めします。保存がきくし、コスパもいいです。また猫が若いうちは固いカリカリタイプを食べることで虫歯の予防やあごの運動になります。缶詰は柔らかいので歯垢が付きやすいです。

においも強いので嗜好性は高いですがカリカリタイプを食べなくなる猫もいます。

ただし歯やあごが弱くなった猫や、消化機能が衰えた猫、缶詰タイプは水分が多めに入っているので水をあまり飲まない子にはおすすめです。両方の利点を踏まえて缶詰とカリカリと混ぜて与えるのもありです。

転職の回数が多いのは不利になるのか

私は今まで結構転職の回数があるので、世間一般では転職が多い人に分類されると思います。転職活動も多い方だと思います。

方法は主にハローワークや求人雑誌や携帯電話から見るネット求人です。

履歴書を書くときに、穴抜けの期間が出来てしまうのと、面接の時にはどうしても退職の理由を聞かれるので、本当は人間関係がきつくて体調が壊れたとか上司と合わずにいじめ追い出された・同僚を比べられて立場が無くなっていったなど初対面の面接官には言えないのでやりたい事ができたので、とか、家庭の事情とか体調不良など、当たり障りの無い理由で通しています。

転職の回数が多い事は何が悪いのか

転職活動をしていて思うのですが、転職が多いと、人間性の欠落の印が押される気になるのは私だけでしょうか。

開き直りに聞こえるかもしれませんが、働きたくても、人間関係がひどい所もあるので、ある程度は我慢をしますが区切りをつけて他の会社を探すのも有りだと思いますし、転職が多くて忍耐力がないと思われるのは仕方がないですが、それだけで、この人はやる気がない、くせがある、甘えてると人格否定されるのは、悲しいです。

年齢があがってくると段々、できる仕事も求人も減ってきます。

そして特にハローワークなのですが、求人も減ってくるので、特にパソコンのスキルをつけたい為に、職業訓練を受講して自分が応募できる枠をひろげたい旨を説明しても、パソコンの受講は本当にパソコンの知識がない人とか業務に携わった事がない人専用ですと断れました。

エクセルの関数が特に弱くて学びたいのにパソコンの仕事をした事があるのでと拒否されてしまいました。

確かにパソコンの業務でしたが専用のツールがあって自分で構築する訳ではなかったのですが咄嗟のトラブルに対処できない自分が恥ずかしくて勉強したいのにその機会すらも与えてもらえないもどかしさが凄く悲しかったです。

スキルがなければいけない

結局、闇雲に転職活動をしてくても必要なスキルがなければ、今の時代取り残される、でも機会が貰えない、求人の条件に満たない、面接すらも受けられないという状態がありました。

人柄がいい、やる気があるだけでも即戦力にならければ、だめみたいです今は。結果、正社員にはなれず非正規雇用で、いつ切られるかわからない状態になります。

この状況が昨今の非正規雇用や低収入を呼ぶんだと自分も体験して思います。

どうしても、正社員が上で契約社員が下という人間の上下関係もあるし、発言できる為にも、正社員になりたい為に転職活動をしている者のつぶやきでした。

メンズTBCでの男性ヒゲ脱毛体験記

TBCでの針脱毛にてヒゲを全て脱毛完了しました。

青々としたヒゲ剃りあとが悩みだったので、思い切って脱毛しようと思い、TBCさんのカウンセリングを受けたのがはじまりですね。全て無くすまでに5年ほどかかりましたが、満足しています。脱毛自体の流れは、針脱毛なので、2.3ミリ程度ヒゲを伸ばしていき、ベットに寝て目隠しをし脱毛はじまりです。

毛のある毛穴に針を通し、そこに電気を流しつつピンセットで抜くの繰り返しです。はっきり言って痛いです。涙が出ますが、今思えば、ヒゲを無くすための嬉しい痛みですね。20分ほど脱毛した後、10分ほどのお冷やしです。

それを3.4回続けるとヒゲがすごく減ったのが実感として分かります。焦らずじっくり通うことでヒゲは無くなっていきました。

ヒゲを脱毛して思うこと

ほんとうに満足している以外の言葉は浮かんでこないですね。ヒゲで悩む事がなくなた以外にも、なにより若く見られるようになったことが一番嬉しい事でもあります。

TBCに通ってたのが今から10年以上前の事なので、当時は脱毛していることを周りには隠していましたが、男性の美意識が高くなってきた今では、過去に脱毛していた事を隠さず周りに話したりしています。多くの男性が、口にすることは少ないかもしれませんが、みんな脱毛に興味があるのだと分かります。

どこで脱毛したのとか、いくらかかったのとか、俺もしようかなとか質問されることが多いですね。迷わずぜひ脱毛してくださいと勧めています。

他、ヒゲ剃りをする事が無くなったので、お肌を傷めることが無くなりましたね。ヒゲ剃りって結構お肌を切ってしまったり傷めるじゃないですか。それが無くなった。その分、化粧水をつけたり乳液をつけたり、女性までとはいかないまでも、気を使っていることが、若く見られる要因でもあります。

料金は5年トータルで約100万円ほどかかりましたが、1カ月にすると1万円ちょっとの計算になります。今のヒゲの無い生活を手に入れられた事を思えば、安い買い物であったと心から言えますね。ヒゲ脱毛、ぜひお勧めします。