呉服屋の娘がかわいかった話

呉服屋の娘がかわいかった話

今は商売を辞めたのですが、私が子供の頃は祖父母が呉服屋をしていました。田舎でしたし当時は着物を行事で着る方が多かったのでそれなりに繁盛していたようです。私の母が嫁いできて着付けや商売を手伝うようになりました。私は一姫二太郎の一姫なので、とにかく祖母も母も着物を着せたがりました。

売れ残りだったり、問屋に行ってこれは似合うと思うようなものを買ってきて自分達で塗ってそしてお祭りや行事の時は常に着せられていました。その頃はいつも新しい着物でうれしかったのですが、段々年頃になるとドレス的な洋服にあこがれたり、流行の服がきたくなってきました。

商売の関係なのか?母といっしょにお茶やお花等の教室に行って何かのイベントに着なければいけない着物もすごく嫌になってきて、中学生くらいになるとハッキリと着ないことを明言して着なくなりました。今考えると反抗期になっていたのかなとも思います。

数年後久しぶりに着物を

そして何年間着物を着ない時が続きましたが、成人式の話になったときは親孝行としてちゃんと着物を着ようと思いました。

また進学で都会にいったのですが、地元の友達の結婚式の時も着物を着るようにはしていました。何かの折に着物を着ていたので地元では「さすが呉服屋の娘さん」的にいわれていました。

また都会でも進んだ学科や社会人なっても外国人の方と接する機会があったので呉服屋の話をすると喜ばれました。ただ私は着せられている、着ているだけで全く着物に関しての知識がないのを実感したことがありました。

地元の友達と温泉旅館に行って好きな浴衣を着て過ごせるというサービスがあったのですが、皆私にゆかたの着方重ね方帯などを聞いてくるのです。私は、わかりませんでした。

何となく親がやっているようにやってみせたら重ねる向きが逆だと仲居さんから呼び止められたりして恥ずかしい思いをしたり。また外国人の方が着物を借りたから着付けをしてほしいと依頼された時も正直困りました。その時は夏休みを利用して実家に帰り母親にみっちり教えてもらいました。

良いきっかけで着付け教室に

ただ、実際外国の方の着付けの時は正直全然うまくいかず一人ヘルプで入っていた方にほとんどやってもらいまるで役に立ちませんでした。このことがキッカケで、暇なときに着付け教室なるものに行きました。今では簡単な帯締め等できると思います。

着物に関心をもったことは母親も喜びその後子供が入学・卒業の折にでもと着物をくれましたが、自分では切れないところが悲しいです。着付け教室で知り合った人に着せてもらおうと思っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です